一般社団法人 日本誕生数秘学協会
HOME 誕生数秘学とは 誕生数秘学商品 講座・資格 よくあるご質問 協会について

HOME > 誕生数秘学とは > 誕生数秘学・基本用語解説

誕生数秘学とは

誕生数秘学
基本用語解説

各種メディアの取材経歴

誕生数秘学・基本用語解説
「誕生数秘学」に関する基本用語解説

・誕生日占い

「誕生数秘学」全体の基礎・ベースに当たる智慧が「誕生日占い」。「誕生日占い」は、西暦の誕生日を
元に、簡単な足し算だけで算出される3つの数字から、その人が持つ運命・使命、隠された才能や人生の
目標などを1200パターンに分類して読み解く、一種の統計学的な「人間分類法」です。

・エンジェルナンバー(現在)

「エンジェルナンバー」は、その人の今生に大きな影響を与える「誕生日占い」の基本となる最も重要
な数字。基本的な性格や考え方の特徴、生まれ持った資質や才能、その人の運命の傾向や特徴を、西暦
のお誕生日(生年月日)から得られる数字を元に、12通りに分類されます。

・チャレンジナンバー(未来)

「チャレンジナンバー」は、その人が今回の人生で辿り着こうとしているゴール地点。人生の方向性を
現す「チャレンジ目標」を象徴する数字です。自分の中には「ない」ものを現すため、どちらかと言えば、
苦手分野になることが多い。「生まれた月日」から算出される数字を元に、10通りに分類されます。

・スピリチュアルナンバー(過去)

「スピリチュアルナンバー」は、その人が過去の人生(前世とか過去世とか呼ばれるもの)から引き
継いでいる「内的本質」を現す数字。生まれながらに身に付いている「魂のクセ」のようなものであり、
長所や得意分野を象徴します。「生まれた日」から算出される数字を元に、10通りに分類されます。

・マスターナンバー

「11,22,33」という二桁の「ゾロ目」の数字の総称。これらの数字は「誕生数秘学」では特別な
意味を持つ神聖な数字として扱う。「神の道」の探求など、霊的な意味合いが強く、「目に見えない世界」
の影響が強く出る、スピリチュアルな波動を持つ数字。

・メンター数

自らの「チャレンジナンバー(未来数)」の別名称。自らの「チャレンジナンバー」を「現在」(もしくは
「過去」)に持つ人は、自分にとっての「お手本・サンプル・反面教師」(=「メンター」)になるという
意味から、こう呼ぶ。

・9BOX

「カバラ」の基本「生命の樹」の考え方をベースに、「1〜9(11.22.33)」の個々の数字が持つ特徴や傾向
がひと目でわかるように工夫された、便利なツール。人間のもつ「4つの側面」(気質・役割・思考・成長)
を、数字が持つ性質によって、グルーピングするためのマトリックス。

・すうじ占い

身近な「数字」の中から、汎用性が高く、メッセージ性の強いものを取り上げ、「占い」の形でまとめたもの。

・9サイクル

ある特定の年に自分の運勢がどのような状態にあるのかを見極めるための智慧(=「9つの波の法則」)。
「誕生数秘学」の基本法則のひとつであり、9年周期の中で今、自分はどんな運気の「流れ」(サイクル)
に当たっているのかを知るためのもの。

・チャネリング・カード

「チャネリング・カード」は、それぞれの「数字」の持つ波動を「言葉(言霊・メッセージ)」に置き換え、
表現した完全オリジナルカード。「誕生数秘学」のコンセプトに基づいて「数字」と「言葉」を統合して、
「内なる自分」とつながるための、他に類のない「スピリチュアル・ツール」です。

・誕生数秘学カウンセラー

「誕生日占い」「9つの波の法則」「チャネリング・カード」という「誕生数秘学」の『3つの智慧』を
体系的に学び、さらに心理カウンセラーとしての資質を磨いた、協会認定の「プロカウンセラー」。
「誕生数秘学」という「道具(ツール)」を用いて、クライアントの悩みや相談に応えたり、セミナー
講師として、「誕生数秘学」の普及に努めている。(2010.3月現在、全国での有資格者は、200名以上)

このページの先頭へ

 誕生数秘学とは   誕生数秘学とは
誕生数秘学・基本用語解説
各種メディアの取材経歴
 
一般社団法人 日本誕生数秘学協会